幼児教室の選び方

2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

「待つ」から生まれる子どもの主体性

たとえ相手が子どもであっても、丁寧に理由を説明しましょう。 子どもが言っていることが無茶苦茶であっても、この子はどう感じているのだろう、 と子どもの気持ちを探ってみましょう。 子どもが没頭しているときには「待つ」。 子どもが楽しそうにしているなら「待つ」。 子どもとの日常に、ちょっとだけ「待つ」を取り入れてみましょう。
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

子どもに「リクエスト」する

子どもへのリクエストを通して、豊かな親子関係、豊かなお子さんの未来を育んでいってください。
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

「アウトプットの時間」意識していますか?

アウトプットさせるとは、知識を得た後に、振り返る時間を取り、 子どもの言葉を引き出すということ。 子ども自身が、経験を自分の言葉にするという行為です。
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

もっと自信をもってもらいたい

自分が真にそう思うためには、誰かから、「あなたはできる」と言われるのではなく、 自分で「自分なら大丈夫」と思えることが必要です。
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

振り回されない子育てに向かうー子育ての軸はどう作る?

自分が真にそう思うためには、誰かから、「あなたはできる」と言われるのではなく、 自分で「自分なら大丈夫」と思えることが必要です。
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

子どもを受容するって具体的には何するの?

たとえ小さな子どもであっても、親が真剣に伝えれば、きっとその意味合いは理解できるはず。 自分の意見を伝えたら、再び子どもの気持ちを聴いてみるといいですね。 親子の関係が相互に尊重しあう関係となりそうです。親にとっては、子ども理解にもつながります。
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

幼児期の学びー小学生の学びと何が違うの?

小学校以降の学びを成功させるためにも、幼児期に学びの楽しさ、興味の広がりを是非とも経験させてあげたいものです。急いでゴールに到達させる、プロセスは見ずに効率的にゴールに到達させるょうな学びを幼児期から行ってしまうと、学びの楽しさを実感しないまま、子どもは育ってしまい兼ねません。 幼児期には、小学校とは異なる学びがあることを、大人は理解しておく必要があるでしょう。
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

「褒めるのが苦手」と感じている方へ

子どもがのびのびと、すくすくと育つためには、安心、安全な場、自分が家族の一員となれる場が必要です。それは、親子が互いに認めあい、互いに尊重しあい、互いに補いあっている関係により作られます。
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

子育ての1丁目1番地は「聴く」

アウトプットばかりでは、そのうち許容量はいっぱいになってしまいます。 アウトプットとインプットが交互に為されるからこそ、人は学び続けることができるのです。 そう考えると、家庭において、子どもがアウトプットする経験はとても大切です。
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

2歳、3歳の幼児教室、一体何を学ぶの?

幼児教室に通う目的は様々です。 近所に子どもがいないから子ども同士の交流を求めて等もあるでしょうが、 自治体が行っている「子育てひろば」と一線を画したところでのニーズとなると、 能力開発を目的とした知育、 そしてエリアは限定されるでしょうが、小学校受験ための準備が多いはず。
タイトルとURLをコピーしました