2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

親子で幸せな小学校受験は実現するのか

親子で幸せな小学校受験は実現するのか 首都圏など一部の地域では、小学校受験者数が増加の傾向にあるようです。 フルタイムで仕事をしながらのチャレンジも当たり前の時代、 いわゆる「お受験教室」が並ぶ地域には、土日も関係なく、 紺色を基調とした...
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

よりよい子育ての基盤は親の自己肯定感

「子育て本に書いてある通りにいかない」という現実は、 それを「正解」と捉えている親御さまを、特に悩ませます。 子どもが違えば、適切な子育ては違って当然。 環境が違えば、望ましい子育ては違って当然。 もっと言うなら、子どもがその時々に求めるものは異なるのですから、 本に書いてある通りになど、そもそもいくはずがないのです。
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

「待つ」から生まれる子どもの主体性

たとえ相手が子どもであっても、丁寧に理由を説明しましょう。 子どもが言っていることが無茶苦茶であっても、この子はどう感じているのだろう、 と子どもの気持ちを探ってみましょう。 子どもが没頭しているときには「待つ」。 子どもが楽しそうにしているなら「待つ」。 子どもとの日常に、ちょっとだけ「待つ」を取り入れてみましょう。
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

「聴く」の効果 − 幼少期の子どもの言語環境を整える

子どもの話を聴く時間は、「要件を聴く時間」ではありません。 子どもとの対話を楽しむ時間と理解して、話があっちこっちにとんでも気にしないことが大切です。
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

子どもの言葉の聞き取り方

家庭で過ごす時間が親にとっても子どもにとっても、 楽しく、前向きな気持ちになれる時間であることを願っています。
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

子どもに「リクエスト」する

子どもへのリクエストを通して、豊かな親子関係、豊かなお子さんの未来を育んでいってください。
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

「アウトプットの時間」意識していますか?

アウトプットさせるとは、知識を得た後に、振り返る時間を取り、 子どもの言葉を引き出すということ。 子ども自身が、経験を自分の言葉にするという行為です。
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

もっと自信をもってもらいたい

自分が真にそう思うためには、誰かから、「あなたはできる」と言われるのではなく、 自分で「自分なら大丈夫」と思えることが必要です。
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

振り回されない子育てに向かうー子育ての軸はどう作る?

自分が真にそう思うためには、誰かから、「あなたはできる」と言われるのではなく、 自分で「自分なら大丈夫」と思えることが必要です。
2歳・3歳から始める学びの習慣づくり

子どもを受容するって具体的には何するの?

たとえ小さな子どもであっても、親が真剣に伝えれば、きっとその意味合いは理解できるはず。 自分の意見を伝えたら、再び子どもの気持ちを聴いてみるといいですね。 親子の関係が相互に尊重しあう関係となりそうです。親にとっては、子ども理解にもつながります。
タイトルとURLをコピーしました